2007年07月08日

浴衣はここから始まった

浴衣といえば、夏の風物詩ですね。 浴衣が現在のように普段着のひとつとして浸透したのは江戸時代にまで遡ります。 浴衣という漢字はもともと当て字で、本来は「湯帷子(ゆかたびら)」とよばれていたものがだんだんと「ゆかた」になり、今の「浴衣」の漢字があてられるようになっていったと言われています。

湯帷子は、平安時代に貴族が蒸し風呂に入るとき、水蒸気でやけどをしないように着たものでした。帷子とは、麻の着物のことです。 当時はまだコットンは高級品であったため、より安価な麻でつくられたのでした。 とはいえ、平安時代の浴衣はまだ一部の位の高い貴族しか着ない高級品であったことは間違いありません。

浴衣が本当の意味で広く浸透するのは江戸時代後期です。 江戸時代になり、綿の生産量が高まり庶民に普及するとともに、湯帷子も麻からコットンでつくられるようになりました。 麻に比べて肌触りがよく、水分の吸収性が高いコットンは、日常着にふさわしい生地であったといえます。

また、江戸時代には銭湯も庶民の間に広がっていきます。 こうした銭湯の普及に加え、コットンの浸透とともに湯帷子は、だんだんと風呂の中で着る着物から風呂上りのちょっとした外出着へと変化していくようになります。 更には、当時の天保の改革の下での倹約政策の影響で庶民が絹を着ることができなくなったことも追い風となり、湯帷子はますます外出着として発達していきます。 こうした銭湯の普及、綿の浸透、絹の着用禁止により着用の機会が増えた湯帷子はいつしか「ゆかた」と略されるようになり現在の「浴衣」となりました。 こうして、完全な外出着として人々が日常的に浴衣を着るようになると、その染めの仕方も高度なものになっていきます。

特筆すべきは、藍染の技法が生まれたことです。 江戸後期には、文様を染める長板本藍染の技法が生まれました。この藍染は、絹に染めるのと同じ様な細かい文様を木綿に染める技法で、この藍染により浴衣は絹の着物に負けないほど優雅で美しいものになりました。 こうして浴衣はあっという間におしゃれな江戸っ子の心をつかんだのでした。 この藍染技法の中心地は神田でした。 戦後は江戸川の上流埼玉県の方へと移動していく技術者が多くなりましたが、その心構えはやはり江戸職人。 そのプライドは今の時代にも引き継がれ、職人は誇りをもって仕事を続けています。 現在では量産できる“注染”がゆかたの中心になりましたが、長板染の文様や色づかいの伝統は今もその中にそのまま生かされています。
タグ:浴衣 起源
posted by 浴衣 at 23:37 | TrackBack(0) | 浴衣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47160981
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
旅の検索(ホテル名、旅館名など)
商品検索
浴衣」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。