2007年07月14日

浴衣 下駄

浴衣を粋に着こなすときに欠かせないアイテムに草履があります。下駄やぞうりといった履き物類は、浴衣のコーディネイトでかなり重要なポイントになってきます。

浴衣に合わせることが一番多いのは下駄です。浴衣姿で下駄を履き、カランコロンと涼しげな音をたてて歩くのは、夏ならではの光景です。 下駄にも形や種類が色々あり、歯の高さも違っています。 下駄は使われている木の種類や歯の状態で形や名前が変わる面白いアイテムです。 もともとは一本の木をくりぬいて作られていましたが、用途や流行などに合わせて、足を乗せる「台」の部分に「歯」を差し込んだものや、「歯」の部分がない下駄も作られるようになりました。 また、歯の形も一般的な「二枚歯」の他に天狗がはいていたとされる「一本歯」や馬のひずめの形にくりぬかれたものなどもあります。

浴衣に下駄を履く場合には、通常、裸足で履くので足が蒸れることがありません。 また、鼻緒に指を引っ掛けるので、足の指を自然と使うことができるので、子供の足の発達に役立ったり足の血行がよくなるため健康的にも優れているといわれています。

ただ、浴衣にはいつも下駄があうというわけではありません。 通常、浴衣はカジュアルな着物ですから下駄がよく似合うのですが、 着物風にコーディネイトしたりレストランやお呼ばれしたときなどには ちょっとカジュアルすぎてしまうこともあります。

そういうときには草履を合わせてみるとよりフォーマルになるのでおすすめです。 浴衣に草履を合わせると、浴衣姿も少しよそ行きの着物風にコーディネイトすることができます。下駄や草履といった和装の履物は指を引っ掛ける鼻緒の部分の色や下駄や、草履本体の素材や使われている木の種類などでも雰囲気が変わってきます。

最近は木ではなく軽くて履き安い素材でできた下駄も安価で販売されています。 洋服を着ているときと同じように、その時々の装いにあった靴を選べるかどうかで全体のバランスも決まってくるので慎重に選びたいものです。 草履はイグサなどの植物を使って作られているもので、下駄と違って歯はありません。 少しかかと部分に厚みがあるタイプの草履もあります。

一般的に着物・浴衣・作務衣などの和装にあわせて愛用している人が多くいますが、最近では洋服に合わせて気軽に草履を履く人も増えています。 草履を履くときには、下駄と違い足袋を履いてから草履を履きます。 草履の鼻緒の色や台の色と足袋の色とのコーディネイトも楽しめます。
ラベル:浴衣 履物 下駄 草履
posted by 浴衣 at 14:00 | TrackBack(0) | 浴衣 下駄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
旅の検索(ホテル名、旅館名など)
商品検索
浴衣」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。