2007年07月15日

浴衣に合わせる扇子と団扇

浴衣に華を添える粋な小物扇子があります。 着物や浴衣など和装の時にかばんの中にひとつ入れておくと、ちょっと汗ばむ季節や動いて熱くなった時などでも手軽に涼をとることができる便利な道具です。

一般的に見かけることの多い扇子は、木やプラスチックの骨に薄い紙を扇状にはり、たためるように折り目が細かくついているものです。 最近は100円ショップなどでも色々なデザインの扇子が安く販売されていますので、そのときの気分にあわせた多様なデザインをいろいろと楽しむことができます。

扇子には様々な使い方や意味があり、祭り事や贈り物としても使われることが多くあります。扇子の使い方にも意味があるというあたり、日本人の風情を感じます。 特に浴衣や着物のときには、懐やにさしておくだけでも風情が感じられてとても粋な感じになります。

この扇子は、もともとは団扇(うちわ)から出来たんです。 扇子はもともと中国で発明された団扇に由来します。 この団扇が日本に伝わってから100年ほど時間をかけて折りたたんで携帯しやすい形になったのが現在の扇子というわけです。

団扇は、あおぐ目的で使われるものですが、扇子はよりお洒落で美しい装身具として使われるようになりました。それに伴い、扇子のデザインはどんどんと洗練されたものになっていきます。季節ごとに扇子に描かれる絵は異なり、また季節にあわせた短歌などを書き込むことによって平安時代の人々は風流さを楽しんでいました。

現在でも人気の高い白檀(びゃくだん)の木でできた扇子は、平安時代には女性が顔や口元を隠すために常に常備しているものでした。 更に、その美しさから扇子を使った舞や踊りも作られ扇子の持つ意味は多種多様に広がっていきました。日本で考え出された扇子は、その後中国にも輸出されるようになったようです。中国で生まれたうちわが日本に伝わり、団扇をもとに作られた扇子が中国に輸出されていったという面白い経過があります。

ルーツが同じだからでしょうか、浴衣といえば「団扇(うちわ)」というイメージも強く、浴衣姿で帯の後ろにさっと差しておくだけでも季節感が増して爽やかな感じになります。カジュアルなイメージの強いうちわですが、中国では高貴な人の間でしか使われていないものでした。

現在はうちわはカジュアルに使えて風情もあるのですが、折りたためずかさばるのと、木でできた柄が若干大きかったため自分に合った大きさのものを選ぶのがポイントです。
タグ:浴衣 扇子 団扇
posted by 浴衣 at 12:00 | TrackBack(0) | 浴衣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/47212545
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
旅の検索(ホテル名、旅館名など)
商品検索
浴衣」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。