2007年07月17日

浴衣の手入れ法

9月に入るとそろそろ浴衣も片付ける時期になります。浴衣は、夏祭りのほんの、二、三回程度しか袖を通していなくてもなんとなく家庭の洗濯機で洗うには抵抗があるものです。


高いものだからと、ついついクリーニングに出してしまいがちです。でも、浴衣は着物でいえば普段着です。昔で言えば、湯上りに羽織っていた綿の着物でジャブジャブと手洗いしていたものです。


浴衣は自分で洗っても、そうそうトラブルを起こすようなものではありません。この機会にご自分で洗ってみるのもいいのではないでしょうか?


そこで、出来るだけ面倒なく洗える手入れ法を紹介しましょう。


まず、洗う前に浴衣を広げて汚れをチェックします。特に、浴衣の裾部分はよくチェックしましょう。泥はねしたりして汚れている場合が多いと思います。そういう場合は、部分洗い用液体洗剤かおしゃれ着洗い用の中性洗剤(ない場合は台所洗剤でもOK)を直接、汚れている部分につけてしみ込ませておきましょう。汚れがひどい場合は、この段階で少し手で揉み洗いしておきましょう。


また、見た目にはまったくきれいに見える部分でも、襟、肩から背中上部のところは、汗を吸いがちな部分です。ここをほっておくと、翌年取り出したときに油分が黄色く変色することが多いので注意しましょう。この部分にも、予め液体洗剤の原液を直接塗り込んで、生地になじませておくといいでしょう。


それから洗濯にとりかかります。洗濯する前には、浴衣をきれいに畳んでおきます。脇縫い、背縫いの直線と襟付けの線に沿って畳めばきれいにたためます。


両袖と着物裾部分が内側に入るように、着丈の4分の1の長さに四つ折りして、袖や裾が出てこないように、4つの隅をプラスチックピンチで留めるか、仕付け糸で綴じ付けます。


浴衣の洗濯は洗濯機を使い、水流は手洗いコースの弱水流で洗います。大きめなネットがあれば、その中にこの状態で入れて洗ってもいいですし、ネットがなくても、水流が弱ければ、この状態で洗っても大きく形態が変わることがないでしょう。ただ、水流が弱い分、汚れ落ちがよくなるように洗剤は洗濯用の(粉末)弱アルカリ洗剤を使ってください。浴衣と言えども綿ですから大丈夫です。


すすぎは洗剤が残らないように2回以上行いましょう。脱水は1分を目安にしてください。脱水にあまりに時間をかけすぎると浴衣の生地を痛めますので注意が必要です。


そして、仕上げすすぎの時に、柔軟剤とのり剤を1:1の割合で投入されるようにセットするといいでしょう。こうしておけば、あとのアイロンがけが簡単で、きれいにしっかりとかけることができます。


最後に、浴衣の干し方です。仕上げにアイロンをかけますので、洗濯時につけたピンチや仕付け糸を外し、畳んだ状態でふた折になるように干しましょう。1時間を目安に内側になっているところが外側になるように干し直し、さらに1時間干した後、アイロンをかけます。ですから、まだちょっと湿っている状態でアイロンをかけます。


アイロンは一番高い温度にして、縫い目を左手で引っ張りながらかけましょう。畳んで小じわがきれいに取れて、しゃきっとした仕上がりになるはずです。浴衣の洗濯は天気のいい日を選んで、干すときは直射に当たらないようにするのがポイントです。
ラベル:浴衣 手入れ
posted by 浴衣 at 11:00 | TrackBack(0) | 浴衣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
旅の検索(ホテル名、旅館名など)
商品検索
浴衣」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。