2007年07月13日

浴衣 帯

着物に欠かせないアイテムとして帯があります。帯の色やデザインによって浴衣全体のイメージが大きく変わります。浴衣コーディネイトの大きなポイントといえるでしょう。帯をメインに、帯の色に合わせて浴衣を買うのもおしゃれな浴衣の選び方といえるかもしれません。

特に男性の場合は浴衣のデザインや色が女性に比べて少ない分、帯の印象が浴衣姿の印象になることも多くあります。帯の種類や使い方、締め方など帯使いが旨くなると浴衣を着るときの楽しみ方も大きく広がります。

浴衣を着るときに使う帯には、子どもから男性まで使えるタイプのものや、女性ならではの鮮やかなデザインのものまで色々あります。多様な帯の世界をご紹介しましょう。

まず、一般的によく用いられるのが半幅帯と兵児帯(へこおび)です。 特に半幅帯は、浴衣だけでなく着物にも使われる汎用性の高い帯です。 通常よりも短いため、結びやすく変わり結びが簡単にできる点が人気の理由です。 半幅帯は兵児帯とあわせて使われることも多く、その素材の違いから多様なアレンジをすることができます。

兵児帯とは、子どもの浴衣に使われるやわらかいリボンのような帯のことをいいます。 子どもが使うタイプのものは「三尺帯(さんしゃくおび)」といい、兵児帯はこの三尺帯の長さが長くなったもののことをいいます。やわらかく簡単に結ぶことができるので、初心者でも使いやすいのが特徴です。 しぼりで染められていることもあり、多様な色使いを楽しむことができますます。 主に子供用ですので、大変やわらかく薄い布でできているのでアレンジも簡単にできます。ただ、そのやわらかさから男性の場合、兵児帯を使うと腰を締めるのが難しいと思われますので、着付けに慣れていない場合は避けた方が無難かもしれません。

男性には次にご紹介する角帯(かくおび)がおすすめです。 角帯は男性が浴衣を着るときに使われる帯です。兵児帯とセットで使うことも多々あります。更に、リバーシブルで使えるようにデザインされているので裏表を気にせず使うことができます。中にはマフラーのフリンジのような房(ふさ)があるものなどもありますので帯のデザインで浴衣の印層を色々変えて楽しむことができます。 兵児帯と角帯を触り比べてみると、角帯は兵児帯に比べてかたいのがわかります。 兵児帯は大変結びやすいのですが、男性が使う場合に腰の位置が上になってしまいやすく子どもの浴衣のようになってしまうことが多くあります。 着慣れたように兵児帯を使いこなすのは難しいので、兵児帯を使ってみたい人は慣れるまでまずは角帯を使って練習するのがおすすめです。
タグ:浴衣
posted by 浴衣 at 10:00 | TrackBack(0) | 浴衣 帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
旅の検索(ホテル名、旅館名など)
商品検索
浴衣」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。